ポール 歌のパフォーマンス

パラダイスエアライン 

デビューアルバム 

2020年は新型コロナの影響で街がロックダウンし、どこかへ行くことも、誰かと何かすることもできなくなった。 しかしそういう状況であったからこそ、この曲が生まれたのかもしれない。

このアルバム名と同じ”パラダイスエアライン”という曲は、プロデューサーである雷太さんからインスピレーションを受け、作った曲だ。 コロナゆえ各国に規制が設けられ、ポールは日本へ戻ることができなくなった。 

このアルバムの曲は、ブルース、ロックの音楽要素を織り交ぜ、アルバムの至るところで、感情を包み隠さず表現している。歌詞には日本語のフレーズも引用しており、日本でのデビューアルバムとしては完璧だ。 

新しいアルバム- パラダイスエアライン -がリリースされ、iTunes、Spotify、YouTube、およびすべてのストリーミングサービスで利用できるようになりました。

 

最近の音楽 でカバー

サザンオールスターズ

Paul Oz performing on stage

新型コロナのパンデミックが世界を襲っていった。私のビジネスも例外ではない。 しかしそんな中であるからこそ、曲作りに集中し、ベストを尽くせたのかもしれない。 私はこのアルバムを非常に誇りに思う。 

そして”ポジティブな何か”を制作できることに常に感謝をしていこうと思っている。

たとえどんなに大変な状況であっても。